Life is game over

駄目人間による駄目な記事を述べてまいります。

はじめまして

zmocoと申します。

本当に駄目人間な私が日々のブログを書いていきます。

 

早速ですが、このブログを始めようと思った経緯についてお話いたします。

私は今24歳で、いまだ大学生です。ネタ抜きで本当です(ネタと言いたいですが。

なぜこの歳になっても大学生なのか。簡単に言えば、「自業自得」です。

 

私は生まれも育ちも東京ですが、環境が良かったこともあり、父と二人三脚で小学生時代から競技スキーをしていました。

しかし、父との距離感が悪く、私がインフルエンザの時でも草大会に強行出場させようとしたり(父は後にこの件を価値観の違いという一言で片付けます)、父の前で泣いていないだけで、お前は泣いたりするほどやる気がないのかと言われたりと、私自身のメンタルが維持出来なくなっていきました。私の弱さも原因です。

大学受験時に父との関係で生じたストレスをはじめ、多くの負荷によって限界を迎えてしまいます。ストレス性の病気で胃を悪くしました。

朝食は食べられず、高校や予備校の授業が思うように受けられなくなりました。勿論、受験勉強をする余裕も消えていました。

結局この調子で頑張れば行けると言われていたMARCHどころか、日東駒専辺りも全滅。なんとか入れたのは偏差値45程度のFラン大学でした。

大学に入学してからは少しずつ回復していきました。自分自身を取り戻せたのかなと。しかし、大学2年目から始めたアルバイトで再び歯車が狂い始めます。

アルバイトの仕事は至ってシンプルでした。1つの部門の品出し、バックヤードの在庫整理という難しい業務はなく、最初に担当していた部門チーフも良い人でした。

しかし、夏頃に突然チーフが代わりました。前チーフと比べるとリーダーとしての信頼は欠けるものがあり、結果、2ヶ月程で在庫が異常に増えていました。

チーフに何度か提案はしましたが、改善されることは無く、隣の部門にも在庫置き場で迷惑をかけていました。

次第にこの件でストレスを溜めていった私は、発散にはいけない「ギャンブル」を始めていました。主に競馬やスロットです。

アルバイトで貯めていたお金も底をつき、ストレスを溜めていく悪循環を止められず、相談しようと思ってできる相手もいませんでした。

そして再びストレス性の病気で、胃だけでなく腸も悪化しました(過敏性腸症候群)。

後にもう一回チーフが代わりましたが、その人は会社からも問題児と言われてる人だそうで、案の定口だけの人でした(後に社員が来て知りました)。

部門の空気は次第に悪くなり、私がやめるか悩んでいた時、仲良くしていた2人が辞めると言いました。ここで私も辞めないと死ぬと危機感を覚え、その2人が辞めた翌月に辞めました。

辞めた頃には時すでに遅し。ギャンブル依存症になっていたので、中々悪い流れをたちきれませんでした。私の弱さが招いた結果でした。

病院に通うお金もなく、家族に相談できるわけもなく、しかし助けが欲しいと甘えていました。

今もその流れは変わっていません。少しでも変えていくきっかけとして、本ブログを始めることにいたしました。

本ブログでは日々の出来事は勿論、ギャンブル依存症から抜け出すにはどうすればいいのか。何をすればいいのかを皆様からも是非ご教授願いたいと思っています。

今後ともよろしくお願いいたします。